スチームクリーナー

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

スチームクリーナーで失敗したくない方へ

スチームクリーナーはお掃除にとても便利。でも、テレビの通販番組を見てついつい衝動買いをしてしまう前に、そのスチームクリーナーは本当にあなたの期待に応えられるものなのかをよく考えてから購入しましょう。

実はスチームクリーナーは、買ってしまった後で『思っていたより使えない...』、『使う機会が全然ない...』といった感想を漏らす方が非常に多い商品なのです。

でもちょっと待って!

優秀なスチームクリーナーは本当に便利な製品だし、使い勝手も良くて家の内外を問わずお掃除に大活躍してくれます。そこで、このページでは絶対に後悔しないスチームクリーナーの三原則について紹介していきます。

≫ スチームクリーナーで後悔したくない方

使えるスチームクリーナーの三原則

実は、使えるスチームクリーナーの三原則とでも言うべき条件はもう答えが出ているのです。

その三原則とは、1.キャニスター式であること、2.ボイラー式であること、3.アタッチメントが豊富なこと、の3点。

一般にスチームクリーナーと言えばモップ式やハンディ式、そしてキャニスター式の3タイプがあるのですが、掃除機のようなキャニスター式以外のタイプの製品は、タンクに入った水を自分の腕力で持つことが前提ですから、重くてやってられないうえにスチームが出る時間が短いです。

そして蒸気を温める仕組みですが、ボイラー式とパネル式では同じように高温の蒸気は作れるものの、噴出される蒸気の温度に差があります。

ボイラー式は水を高温にするまでに少し時間がかかるというデメリットがありますが、熱く威力が高い蒸気が出ます。

中途半端な温度の蒸気だと噴出後に蒸発しないので、掃除している間にべちゃべちゃに塗れてしまいます。サッと汚れを取りつつ一瞬で蒸発してくれないとスチームクリーナーである意味がありません。

最後にアタッチメントですが、これは家の内外・車の内外・庭などあらゆる場所で使うスチームクリーナーにはそれだけ色々なものが付いている必要があります。本体とは別にアタッチメントを買うというのは不便です。

ですので繰り返しになりますが、スチームクリーナーを選ぶ際は、1.キャニスター式であること、2.ボイラー式であること、3.アタッチメントが豊富なこと、の三原則を必ず思い出してください。

≫ 三原則を満たしたスチームクリーナー

これが後悔しないクリーナー

スチームクリーナーを選ぶときの三原則を全て満たしているクリーナーはいくつかあります。でもこの三原則はあくまで最低ラインの確認です。では、これらの中からどのスチームクリーナーを選べば良いのでしょうか?

先に結論を言ってしまうと、”スチームファースト”というクリーナーが断トツにおすすめです。

このスチームファーストは先の三原則を満たしているだけでなく、スチームクリーナーには必須のカルキ除去剤とスチームマジックという専用の洗剤が付いているというところが大切なポイントです。

スチームクリーナーは水道水のカルキが本体やノズル部分に溜まって故障することが多い製品です。ですので、カルキ除去剤は必須です。

また、頑固でしつこい汚れの場合、スチームクリーナーの高温だけではどうしても取り切れない汚れもあります。ですので、スチームクリーナー専用の洗剤が標準で付属しているのは嬉しいサービスです。

アタッチメントも標準で13種18個も付属していて、お値段はおよそ2万円。これだけの機能と装備がこの価格で揃っているスチームクリーナーは他にはありません。

≫ スチームファーストの公式サイト

補足:そもそもスチームクリーナーとは?

以下は、スチームクリーナーについての基本事項を記載しております。

スチームクリーナーとは、約100度の高圧スチームの力を利用して、ガスレンジの油汚れからキッチン周り、換気扇のフィルター掃除、窓・サッシの掃除、お風呂場にソファー、絨毯・カーペット、床の掃除と活躍する便利なお掃除アイテムです。

雑巾がけや洗剤は手の肌荒れが気になるし絞る力が必要で大変という方もスチームクリーナーがあれば解決です。これまで時間がかかっていたキッチン周りの油汚れや窓・サッシ、お風呂場にトイレなど、除菌をしながら汚れを浮かせて簡単に素早く綺麗に掃除ができます。

約100度の高圧スチームの力で汚れを落とし、雑菌除去やカビの防止もしてくれます。また、高圧スチームでバクテリアも99%以上の割合で除菌することができるのもスチームクリーナーの人気の秘密です。

スチームクリーナーはどこを比較したらいいの?

スチームクリーナーは、どのように選べば良いのか分かりにくい点もあります。最近ではスチームクリーナーの知名度が上がり、各社から様々な種類の製品が発売されていますから、一見どれも似たり寄ったりに見えます。そのため、どの点を比較していけば良いのか?で迷ってしまいます。

基本的には、まずは形状から選ぶことが大切です。ハンディタイプやスティックタイプのものは、一見コンパクトで使いやすく見えても、その反面想像していたよりも重くてスチームの持続時間も短かかったりします。

その場合、とても部屋の掃除には向いていないため、やはりキャ二スタータイプのものが総合的に見て使い勝手が良いということになります。

また、高い洗浄力を保つためにはタンク本体の内部で水を沸騰させてスチームを噴射させるボイラー式のものが最善です。

このあたりをしっかり押さえておけば候補が絞れてきます。まずはキャ二スタータイプのスチームクリーナーをリストアップして、そこから「ボイラー式かどうか?」を吟味していくことが王道になります。

column
HOMEに戻る