高圧洗浄機の比較

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

高圧洗浄機は買った後に後悔しないようしっかり比較してから決めましょう

家の壁や床、網戸や車などにと割と幅広い範囲で使えて、しかも水だけでオッケーという手軽さから人気なのが高圧洗浄機です。高圧洗浄機は水道水を加圧して噴射するため、水の勢いで短時間で汚れを落とすことができるため、水の節約にもつながると言われてます。

高圧洗浄機はさまざまなメーカーから販売されており、家庭用の手軽で安価なものから業務用のパワーが強くて高額なものまで数えきれないほどたくさんの種類があります。あまりに種類が多いので、実際に購入しようと思った際に、その種類の多さに頭を悩ませてしまうという方も多いものです。

また、あまり比較検討をしないで人気が高いからといった理由で購入し、後々、失敗したと後悔されている方もいるようですので、高圧洗浄機はしっかりと比較してからどれを購入するのか決めたいものです。

高圧洗浄機の購入を検討する際にはまず、自分が何を望むのかを絞り込むことから始めるのが良さそうです。汚れ落ちで選ぶのか、使う場所で選ぶのか、予算で選ぶのか、性能で選ぶのか、作業音の静かさで選ぶのか、洗浄スピードで選ぶのか、売れ筋で選ぶのかといった風に、様々なチョイスポイントがありますから、自分が高圧洗浄機に何を望むのかをある程度明確にしておくと悩みも減ってくるかと思います。

ある程度希望が絞れてきたら、次は自分の希望に当てはまるのがどのメーカーのどの製品なのかということを調べていきましょう。この下調べの作業は、全部自力でやると大変な手間と時間がかかってしまいます。ですから、そういう時はインターネット上に公開されている情報を上手に利用しましょう。

インターネット上には高圧洗浄機についての情報が山ほど存在しています。各企業ごとのサイトはもちろん、そのサイト内での機種別の比較、個人サイトでのメーカーおよび機種別比較、大手通販サイトによる売れ筋や人気ランキングといったものを活用すると、少ない手間と時間で比較検討することができるようになります。

また、みなさんそうですが、何かを買う時というのはついつい良い面ばかりを見てしまい、悪い面は気にせずに購入してしまうものです。これは高圧洗浄機でも同じことが言えますから、良い面ばかりではなく、必ず悪い面もチェックして比較した上で選ぶようにしましょう。

高圧洗浄機は家庭用であれば1万数千円程度から購入することが出来ますが、使う頻度などから考えると、決して安い買い物ではないと思います。安い買い物ではないからこそ、購入前にしっかりと下調べをして、各機種の様々なポイントを比較し、それらを納得した上で購入すると、後で失敗した~ということにはならずに済むかと思います。

高圧洗浄機は一体何を比較すれば良いの?

札幌では、夏シーズンがそろそろ折り返し地点を迎えています。私の家は、毎年夏の終わりに、年末ほどではありませんが大掃除をします。掃除する場所は、主に家の外壁や窓ですね。夏の間に降った雨や、それによるカビの汚れを、毎年ゴシゴシこすって落とすんです。

しかし、そろそろ家も古くなってきたせいか、年々その作業が大変になってきているんです。そのため、今年は思い切って高圧洗浄機を購入しようと考えています。

ただ、高圧洗浄機って、一体どのように選べば良いのでしょうか?有名どころのメーカーのものだけ挙げても、結構な数にのぼりますよね。値段だけで選ぶのも不安ですし。

そこで、調べてみたところ、どうも水圧に注目して選ぶと良いそうです。なんでも、高圧洗浄機は、強く噴射する水の力によって掃除するものであるため、水圧の強さがその性能の高さに直結するのだとか(高い水圧で洗うのは心配な部分は、専用ノズルなどで水圧を下げることができるそうです)。

ただし、水圧についての表記は、「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」の2種類記されていますが、前者の数字はその高圧洗浄機本体の限界能力であり、実際の使用でそこまで威力を発揮させることはできないため、必ず後者の数字を見て比較すべきとのことでした。

高圧洗浄機の性能を比較するには?

高圧洗浄機を買うなら、やっぱり一番汚れが落ちる物が良いですよね。しかし、そういった性能の高さを比較するには、どのような点に注目すると良いのでしょうか?というか、高圧洗浄機はどれも水を噴出することで汚れを落とすものである以上、性能に違いなどあるのでしょうか(ちなみに、動力は電気とガソリンエンジンとの2種類に別れます)?

調べてみたところ、性能の違い、つまりはどれだけ汚れが落ちるかの違いは、確かに存在しました。なぜなら、同じ高圧洗浄機でも、噴出する水の勢いが違うからです。こうした水圧は、常用吐出圧力と言うそうです(MPaで表記されています)。

つまり、高圧洗浄機の性能を比較するには、この常用吐出圧力の欄の数字を見て、より高いものを選ぶと良いんですね。

でも、水圧が高いからと言っても、一概には良いとは言えないのではないでしょうか?例えば、窓ガラスや他に素材的に弱いものだと、水が高圧で叩きつけられることで、損傷を生じてしまうと思うんです。それでも、高圧洗浄機は専用ノズルなどで水圧を事後的に調整できるため、とりあえずは常用吐出圧力の高いものを買っておけば、まず間違い無いとのことでした。なので、購入する際は常用吐出圧力の数字に注目してみます。

HOMEに戻る