高圧洗浄機の人気ブランド

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

高圧洗浄機で人気なのはケルヒャー製品

自宅の壁や外堀、床や網戸、自転車に自動車のお掃除にと、幅広く使えることで人気なのが高圧洗浄機ですが、中でもケルヒャー製品は特に人気が高くなっています。ケルヒャーの公式サイトはもちろん、楽天やアマゾンといった通販サイトでも簡単に購入することができるようになっていますので、人気が高いのもうなずけるかと思います。

そもそも高圧洗浄機は水道水を電気ポンプで加圧し、その加圧された水を噴射して汚れを落とすものですが、加圧された勢いの強い水を使うので、お水の節約にも掃除にかかる時間の短縮にも繋がりますので便利なツールと言えます。

ケルヒャーの高圧洗浄機は小型の入門タイプのものから中型、大型といくつかタイプがありますから、使い道や使い方、パワーの違いや作業音の違いなどから、好みのタイプを選ぶことができるようになっています。

価格は小型タイプで1万2千円くらいから、パワーの強い大型のもので10万円程度ぐらいまでと、それぞれの微妙な違いによって価格も様々になっていますから、予算に合わせて選ぶことも可能です。

本体とは別売りのオプションアクセサリーも各種色々とあり、様々な形状のノズルやウォッシュブラシ、回転ブラシ、延長パイプや延長ホース、クリーナーなどと、オプションアクセサリーだけでも数十種類と充実しています。

ただし、オプションアクセサリーに関しては用途別で必要なものを追加購入する形式になっていますから、あれこれ買ってしまうと、オプションアクセサリーだけでけっこうな金額になってしまいますので、なるべくであれば必要最低限で抑えたいところです。

本体だけでなくオプションアクセサリーもたくさん欲しいという方は、ケルヒャーの公式サイトから購入するよりも、楽天やアマゾン、ジャパネットたかたなどといった通販サイトを利用するのがいいかもしれません。

今挙げたような通販サイトの場合だと、本体とオプションアクセサリーがセットになって販売されているものもありますし、別々に購入するよりも割安でゲットできるようになっていますから、せっかくだからオプションもあれこれ欲しいな~と思われる方は、ある程度どれを購入するかが決まった時点で、大手通販サイトを覗いてみるとお得に購入できるセットに巡り会えるかもしれません。

ケルヒャーはスチームクリーナーでも人気のブランドですが、高圧洗浄機でも人気の高いブランドですので、長期間に渡って安心かつ安全に使うことのできるブランドでもあります。もしも高圧洗浄機を買おうかと思っているけれど、どこのがいいのか分からないという方がいましたら、一度ケルヒャーのものを調べてみるのもいいかもしれません。

ケルヒャーの高圧洗浄機はハイスペック

高圧洗浄機のスペックは、何で判断すべきなのでしょうか?多分、汚れがどれだけ落ちるか、という点だと思うのですが、高圧洗浄機って基本どれも水を噴射して掃除するものですよね?それなら、汚れの落ち具合なんてどれも同じだと思うのですが。

しかし実際は、高圧洗浄機によって、汚れの落ち具合は確かに違うそうです。なぜなら、水を噴出する際の水圧が違うからです。つまり、水を噴出する勢いが強ければ強い程、汚れがたくさん落ちるんですね。

その水圧の強さは、「吐出圧力」として必ず表記されているため、購入の際には参考にすると良いそうです(「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」とがありますが、必ず後者に注目して下さい)。

では、その水圧の強さで一番なのは、どの高圧洗浄機なのでしょうか?調べたところによると、家庭用のものなら、ケルヒャーの「K5.900サイレント」というのが良いそうです。なんでも、常用吐出圧力が8.0MPaもあるため、どんな汚れも瞬く間に落ちるだけでなく、モーターの体感音も大きく軽減されているため、作業音を気にすること無く使用することができるのだとか。

値段は5万円以上とかなり高級ですが、こんなにハイスペックなら買って良いかな、と個人的には思いました。

高圧洗浄機はケルヒャーやジャパネットだけじゃない

高圧洗浄機と言われると、個人的には、ケルヒャーやジャパネットなどのメーカーが思い浮かびます。しかし、今では高圧洗浄機を販売するメーカーは、他にもたくさんあるそうですね。そのため、初心者が選ぶとなると、実際どのメーカーの高圧洗浄機が一番おすすめなのか、という点で躓いてしまうパターンも多いのだとか。

では、ケルヒャーやジャパネットの他に、どういったメーカーがあるのでしょうか?あるホームページには、アイリスオーヤマ、リョービ(RYOBI)、東芝(TOSHIBA)、日立工機(HITACHI)、ヒダカ(hidaka)などが挙げられていました。東芝は現時点で販売中止だそうなので、それは置いておくとしても、かなりの数がありますね。

詳しく見てみると、多種多様な機種を揃えているのがケルヒャー、反対に機種が少なく選びやすいのがリョービ、初心者や女性にも優しい高圧洗浄機を提供してくれるのがアイリスオーヤマ、家庭と仕事の両面で使用できるのが売りなのが日立、コストパフォーマンスが良いのがヒダカ、とのことでした。

つまり、どのメーカーが良いかは一概に言えなくて、買う人がどの要素を重視するかによるんですね。私はできるだけ安い家庭用高圧洗浄機が欲しいので、まずはヒダカのものから吟味してみることにします。

高圧洗浄機ならリョービ(RYOBI)もいい

高圧洗浄機を販売しているメーカーとしては、やはりケルヒャーが一番有名だと思います。実際、日本で初めて高圧洗浄機を販売したのがケルヒャーで、今でも国内の高圧洗浄機におけるシェア率はトップを誇るそうですね。となると、高圧洗浄機を買うなら、ケルヒャーがやっぱり良いかな、と思うところですが…実際はそう単純な話でもないみたいです。

もちろん、ケルヒャーの高圧洗浄機の性能が悪い、と言う訳では絶対ありません。詳しく言うと、それ以前の問題なんですね。ケルヒャーは、日本での高圧洗浄機の販売年数が長いということもあって、数え切れないくらいの機種を売り出しています。つまり、選べる幅がとても広いということです。でもこれって言い換えると、選ぶのがちょっと大変ということにもなるんですよね。

そのため、ケルヒャーと同じくらい、今ではリョービ(RYOBI)というメーカーも推奨されているみたいです。リョービの高圧洗浄機はコンパクトで使いやすく、オプションセットが充実しているのに加え、機種数も少ないので選ぶのがとても簡単なのだとか。お値段もお手頃とのことなので、私も高圧洗浄機を買う時は、まずはリョービのものの中で探してみることにします。

高圧洗浄機はケルヒャーとリョービどっち?

高圧洗浄機のメーカーとして有名所だと、ケルヒャーやリョービが挙げられると思います。日本での高圧洗浄機でのシェア率は、圧倒的にリョービよりもケルヒャーが上だそうですが、日本人の間の人気はリョービがここ最近グングンと伸びているみたいです。では、実際のところ、ケルヒャーとリョービなら、どっちで買うのが良いのでしょうか?

言ってしまうと、ケルヒャーやリョービのように大手メーカーだと、あまり高圧洗浄機の性能に差は無いそうです(あくまで同じくらいの値段のもの同士を比べた場合の話です)。では、両メーカーで何が違うのかと言うと、品揃えの規模です。

具体的に言うと、ケルヒャーはシェア率トップということもあり、家庭用高圧洗浄機だけで数え切れない程の機種を揃えているのだそうです。一方のリョービは、オプションセットは充実しているものの、販売している機種自体は少ないのだとか。

つまり、たくさんの種類からじっくり吟味して選びたい場合はケルヒャーから、選ぶのにそこまで時間をかけたくない場合はリョービから購入するのが良いんですね。とりあえず私は、年末の大掃除までに買えれば良いと思っているので、まずはケルヒャーの高圧洗浄機を1つ1つじっくり見てみようと思います。

結局のところ高圧洗浄機はどのメーカーがお勧め?

高圧洗浄機って、ちょっとネットで調べただけでも、星の数出て来るんですね。テレビの通販番組で宣伝されているのなんて、ほんの一握りなんだとよく分かりました。これだけたくさんあると、多様な選択肢があるという点では良いですが、初心者だと選ぶのが大変そうですね。せめて、どのメーカーのものを買うのが良いのかくらいは、知りたいところです。

そこで、高圧洗浄機でお勧めのメーカーを調べたところ、どうもケルヒャーが良いそうです。ケルヒャー自体は、ドイツの清掃機器メーカーなのですが、日本での高圧洗浄機におけるシェアは1位なのだとか。その人気の通り、ほとんどの通販サイトで、ケルヒャーの高圧洗浄機はトップに君臨していました。

また、型も家庭用から業務用、初心者向けから上級者向けと、本当に多種多様で、大企業ということもあり保証などもしっかりしていました。

私も、高圧洗浄機がただでさえ高級な商品であることを考えると、絶対選ぶところでミスはしたくありません。となると、人気所のケルヒャーから購入するのが無難だと思うので、私もケルヒャーの高圧洗浄機の中から選んでみることにします。また、ケルヒャーのジャパネットたかたモデルもあるそうなので、今度はそっちも調べてみます。

HOMEに戻る