高圧洗浄機での洗車

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

高圧洗浄機で洗車する際に気を付けたいこと

加圧した水を噴射し、その勢いで家の壁や窓周りなどをキレイにできることで家庭用の高圧洗浄機は人気が高いものですが、これは車を洗う際にも使うことができるため、愛車の洗車専用に使っているという方もいらっしゃるかと思います。

実際のところ洗車に使うと、高圧洗浄機だけでキレイになるのか否かというと、答えは否という方が多いです。いくら高圧洗浄機であっても、水だけで全てをキレイにするというのはちょっと難しいのかもしれません。

ただし、高圧洗浄機を用いることで、単にホースなどで水をザバザバかけるよりもずっとスピーディーに車の表面のホコリやゴミなどを落とすことが出来るようになりますし、水の節約も出来ますので、高圧洗浄機が洗車に向いていないとは言い切れません。要は使い方次第という訳です。

高圧洗浄機で洗車をする時は、始めに高圧洗浄機で車の表面のホコリやゴミをザーっと洗い流し、それからシャンプーを使って柔らかいスポンジで擦り洗いをするようにしましょう。高圧洗浄機で表面に付着しているものを洗い流すことで、その後スポンジで擦った際につく細かな傷を予防することができるようになります。

また、高圧洗浄機が洗車に向いている部分というのもあり、それが車体の腹周りやタイヤ周りなどです。これは普通に乗っていてもどうしても汚れがたまりやすい部分でもありますし、なかなか簡単に掃除することができない部分でもありますから、そういった部分には高圧洗浄機でならば簡単に汚れを吹き飛ばすことができますから、向いていると言えます。

ただし、洗車に高圧洗浄機を使う時に気を付けたいこと、注意しなければならないことというのがいくつかありますから、それらは頭に入れておいた方が後々安心と言えるかもしれません。

高圧洗浄機から出た水がブレーキ関係の部品に直接あたってしまうと、ブレーキ関係の部品が破損してしまう恐れがありますし、ドライブシャフトのホイール側にあるブーツはゴム製であるため、高圧洗浄機から出た水圧の強い水で破損してしまう恐れがあります。

また、ドア部分に雨水などが入らないように張られているゴム製のシールに高圧洗浄機の水が当たってしまうと、このシールを痛めてしまう原因にもなりますから注意が必要です。

さらに、車の心臓部ともいえるエンジンルームを高圧洗浄機で掃除したりしないようにはくれぐれも注意が必要です。エンジンルーム内は基本的に雨水程度の水圧しか想定されていませんから、それ以上の水の侵入や水圧を加えられると簡単に破損してしまいます。

このように洗車に高圧洗浄機を使う場合にはいくつか注意すべき点があります。しかもとても大切な注意点です。この点をしっかりと頭に入れた上で洗車に高圧洗浄機を使うようにしましょう。

洗車は高圧洗浄機のみで可能?

高圧洗浄機の購入目的では、洗車が一番多いそうですね。確かに、私も高圧洗浄機の使い場所と言われれば、家の外壁とか窓ガラスとかではなく、まずは車が思い浮かびます。しかし実際のところ、洗車は高圧洗浄機のみで完璧にできるのでしょうか?

調べたところ、高圧洗浄機を使えば、泥やコケなど目に見える汚れはちゃんと落ちるそうです(ステッカーも剥がれてしまう程だそうです)。また、タイヤやルーフも綺麗になるとのことでした。ただし、ガラスやボディなどに付いた水あかはそうもいかないみたいです。

なぜなら、ガラスの水あかはガラスと半一体化していて、水で流すだけでは足りないからです。そして、ボディの水あかも、ガラスほどではありませんがこびり付いているため、水だけでは取りきれないそうです。

そのため、水あかまで綺麗に洗いたい場合は、まずは洗剤を塗布して数分置いた後、高圧洗浄機で洗い流すという風にすると良いみたいです。となると、ある程度の手間は覚悟しておくべきですね。高圧洗浄機を使えば一発で綺麗に、と想像していた人は、ちょっとがっかりだと思います。

個人的には、これなら全部ガソリンスタンドに頼んだ方が楽だと思うので、洗車のために高圧洗浄機を買うのはちょっと見送ることにします。

高圧洗浄機を使った洗車方法

「高圧洗浄機を使えば洗車もラクラク!」みたいな謳い文句は、高圧洗浄機の宣伝ではよく聞きますよね。通販番組でも、必ずと言って良い程どのメーカーでも洗車のシーンが出てきますし。そのため、本当に高圧洗浄機さえあれば、洗車は完璧にできてピカピカになるのだとばかり思っていました。

ただ実際は、そう簡単にはいかないそうですね。ネットの口コミなどを見てみても、思ったより綺麗にならなかった、という旨の感想が多々あります。つまり、高圧洗浄機だけで車を隅々までピカピカにすることは、やはり難しいんですね。

詳しく言うと、泥汚れなどは本当に綺麗に落ちるそうなのですが(タイヤハウスやルーフなども)、ボディやガラスに付着した水垢は難しいみたいです。なんでも、水垢はボディやガラスと半ば一体化してしまっているため、水流だけでは威力が足りないのだとか。

ではその場合、どうすれば良いのかと言うと簡単な話で、予め洗剤を塗布して少し擦っておくんです。その後に泡ごと高圧洗浄機で流せば、大抵はピカピカになるそうです。高圧洗浄機を使う前に、手洗いがちょっと必要なんですね。もしこの作業が嫌なら、水垢にならない内に、小まめに高圧洗浄機で洗車するしか無いとのことでした。

HOMEに戻る