フローリングに使用できるのか?

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

スチームクリーナーで無垢フローリングは大丈夫?

無垢フローリングって、結構憧れますよね。天然の木が持つ本来の美しさが、こう前面に押し出されているという感じで(なので、キャンプとかの木でできているコテージの床も大好きなんです)。

でもその反面、お掃除はとても大変そうですよね。木が剥き出しになっている分、小まめに汚れを落とさないとすぐに痛んでしまいそうで。そのため、本当なら毎日雑巾がけをした方が良いみたいです。

ただ、流石にそれは大変ということで、最近ではスチームクリーナーを利用する人も多いそうです。これなら、手で雑巾がけするより断然早いし、ずっと綺麗になりますから、毎日までする必要も無くて良いですよね。

しかし、無垢素材はどうも湿気に弱いらしく、スチームクリーナーで掃除したところ、毛羽立ったり反り返ったりしてしまうというトラブルも多いとのことでした。

ただし、全ての無垢フローリングがそうなるわけではないみたいです。つまり、無垢材でも硬い広葉樹系ならスチームで掃除しても深刻な影響はないそうですが、柔らかい針葉樹系だと、蒸気のようなトラブルが起きてしまうんですね。

なので、もし私も無垢フローリングを導入する時は、スチームでも耐えられる広葉樹系の素材にしようと思いました。

フローリングにスチームクリーナーは大丈夫?

スチームクリーナーの通販番組では、フローリングを掃除している場面もよく見かけますけど、場合によってはフローリングを綺麗にするどころか、トラブルを引き起こすこともあるそうですね。

なんでも、スチームクリーナーで掃除することで、ワックスが剥げたり、フローリングが白くなったり、反り返ったりしてしまうことがあるのだとか。

これは確かに困りますね。ただ、通販番組が嘘をついているというわけではなく、フローリングの素材によってはそういうことがありえる、ということみたいです。そのため、フローリングが複合素材だったり、スチームクリーナーがちゃんとフローリング対応だったりしたら、何も問題は無いそうです。

でも、フローリングの素材なんて、普通知りませんよね。いちいち覚えてられないと思います。

そこで、フローリングがスチームクリーナーで掃除しても大丈夫かどうかを、簡単に調べられる方法があるみたいです。使うものは、蒸しタオルのみ。レンジでチンした熱々の蒸しタオルで、痛んでも困らない目立たない部分のフローリングを拭いてみて、その後の状態を見るという方法なんですね。

これで何も異常が出なければ、スチームクリーナーで掃除しても問題無いとのことでした。

スチームクリーナーでフローリングのワックスが剥げる?

スチームクリーナーを使えば、フローリングがピカピカになるとよく言われますよね。実際、スチームクリーナーの得意分野はそのフローリングで、通販番組でもその点よく推されていますし。

ただその反面、スチームクリーナーで掃除をして、フローリングのワックスが剥がれてしまうというトラブルも多いそうです。ワックスが剥がれるのはちょっと困りますよね。綺麗になるどころか、ガビガビになって汚くなってしまうということですから。

そこで、なぜスチームクリーナーでフローリングのワックスが剥げてしまうのか、ちょっと調べてみました。すると、別に全ての場合にワックスが剥げるわけではないということが分かりました。

つまり、床を綺麗に掃除しないで、ゴミが残ったまままたその上からワックスをかけたり(フローリングとワックスがちゃんと密着していない場合)、時間が大分経過してワックスが劣化していたりした場合は、スチームクリーナーの熱い蒸気で剥がれてしまうんですね。

そのため、ちゃんと掃除をしたフローリングの上に、定期的にワックスをしっかりと塗っている場合は、スチームクリーナーで掃除しても、全然問題無いとのことでした。ちゃんとワックスを塗らないと、こういう所でも弊害が出るものなんですね。

HOMEに戻る