ケルヒャーとスチームファースト

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

ケルヒャーとスチームファーストの比較

スチームクリーナーの中でも人気が高いものにケルヒャーとスチームファーストがあります。どちらも一般的な掃除機と同形状のキャニスター式のスチームクリーナーで、この2つを比較検討してどちらかを購入するという方が多いようです。

スチームファーストとケルヒャーの2つが比較検討されるのはこの2種がスチームクリーナーの中でも幅広い用途に使えて、しかも連続使用時間が長いというのが大きな理由として挙げられます。

この2つの価格の違いはというと、スチームファーストは大体1万5千円前後から販売されてますし、ケルヒャーは1万5千円前後から4万前後までと機種によって大きく価格に違いが見られますから、ケルヒャーの場合は選ぶ機種によっていいお値段になるとも言えます。価格の点でいくとスチームファーストに分があるといえそうです。

このように価格だけを見比べてしまうとスチームファーストの方がお手頃価格でいいのではないかと思われるかと思いますが、連続使用時間やタンク容量、ヒートアップタイムといった細かな点まで見比べてから、より自分に合ったものを選ぶのが良いかと思われます。

連続使用時間に関してはスチームファーストが45分、ケルヒャーだと少し幅があり、30分から120分まで機種によってばらつきがあり、価格が上にいくほど連続使用時間が長くなっていきます。

タンク容量に関してはスチームファーストが約1.5リットルに対し、ケルヒャーは1リットルから1.3リットルと少し少な目になっています。少ない用量で長く使えるという点ではケルヒャーの方に分があります。

タンクの容量と関連して本体の大きさも、タンク容量が大きいスチームファーストの方がケルヒャーに比べて少し大きくなります。その分、少し大きめの収納スペースが必要になると言えそうです。

そして、ヒートアップタイムに関してはスチームファーストが8分に対し、ケルヒャーは4~6分となっていますから、より短い時間で使用可能になるという点でもケルヒャーに分があるといえます。ここまで見ていくと断然ケルヒャーの方が失敗しないスチームクリーナーなのではないかと思えるかと思います。

しかし、もう少しつっこんでいくとケルヒャーが断然という訳ではないのが分かってくるかと思います。どちらもキャニスター式のスチームクリーナーですから、アタッチメントの付け替えで幅広い用途に使用可能になります。

このアタッチメントですが、スチームファーストは購入時に1揃いのアタッチメントがセットになっていますが、ケルヒャーはほとんどのアタッチメントが別売りとなります。追加購入はどちらでも可能ですが、最初から1揃いセットになっているスチームファーストに比べると、最初からあれこれ買い足す形になっているケルヒャーでは、スチームファーストに分があると言えます。

こうやって細かな部分を見ていくとどちらにもメリット、デメリットがあり、それが自然と見えてくるかと思います。価格だけを見ていても見えない細かな部分までしっかりと見比べた上で、どちらを購入するかを決めるのが良さそうです。

column
HOMEに戻る