H2Oのスチームモップ

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

スチームモップといえばH2Oかな?

スチームモップといえばきっとたくさんの人がH2Oのを思い出すんじゃないかなって思います。あれの人気が今のスチーム関連製品の売り上げの背中を押したといっても過言じゃないですもんね。累計700万台突破というのは、それだけみなさんが興味を持って手に取ったという証でしょう。

スチームモップ、カーペットクリーナー、スチームジェット、スチームワイパー、アイロンスチームという1台で5役というのは使用者にとってみては嬉しい限りですもんね。H2Oだと価格は20,000円弱ですから、お手頃価格かなって思います。

使い方は割と簡単みたいで、スイッチを入れて起動までに30秒程度という速さですし、普通の掃除機と同じ感覚ですいすい~っとどこにでもかけてしまえるのは楽ちんです。しかも、洗剤などを使わず水だけで99%除菌できるというから、小さなお子様もいるお宅でも安心して使えそうです。

そして嬉しいのは、モップ部分は普通にお洗濯するだけでOKという手軽さ。この手軽さで家中どこにでも使えるなんて、本当に便利すぎて困っちゃいそうです。

ただ、ちょっとだけ気を付けた方がいいのは、片手では慣れるまではちょっと動かしづらいことと、前に進みながらかけていくと、高温になった部分を踏んでしまう可能性があるので若干危ないようです。奥から手前に、後ろに向かって下がっていくようにかけるのが良いみたいです。

ポイントさえ押さえちゃえば、こんなに手軽なお掃除グッズって他にはないんじゃないでしょうか。でも、H2Oのは特に類似品なんかも出てきてるみたいですから、類似品を間違って購入しないように気を付けた方が良さそうです。

H2Oスチームモップの使い方

H2Oスチームモップって、ネットとか通販番組で有名みたいですけど、実際どんな感じで掃除するのか調べてみました。通販番組の映像だと、普通になんか使ってる感じしますけど、それではただの掃除機かなと思ったので。

すると、通販番組の映像では、油汚れやお風呂の汚れを落とせると大々的に言われていましたが、実際スチームモップに普通の埃などの汚れの掃除は向かないとのこと。つまり、普通に掃除機で事足りるような汚れはダメってことですね。

確かに、こびりついた汚れならともかく、普通に埃や屑にスチームかけても意味無いですよね。そのため、床にスチームモップをかける時は、まず掃き掃除をしてからの方が良いそうです。つまり、掃除機でまず埃を吸ってからってことですね。

スチームモップ1つで家中ピッカピカみたいなこと通販番組では言われていましたけど、やっぱりそう上手くはいきませんよねぇ。まぁ大掃除の時ならそれくらいやっても良いかなぁって個人的には思いますが。

HOMEに戻る