スチームクリーナーの種類

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

スチームクリーナーの種類と選び方

スチームクリーナーには様々な種類があります。まず方式の違いです。ボイラー式とポンプ式の2種類が存在しています。

ボイラー式は、内部で水を沸騰させ、気化させることで水の体積を大きくして、その圧力でスチームを噴射させます。噴射の圧力が高く、業務用としてはこちらが一般的のようです。ただし欠点があり、内部で水を沸騰させるのに5分以上必要で、それが準備時間として取られてしまいます。

また一旦水が無くなると、ボイラーが冷めるまでは注水することができません。その為ボイラー式では、水が沢山入るものが高性能という考えになります。

ポンプ式は、ポンプで水を汲み上げて、ヒーターで加熱して蒸気で噴出させるので、ボイラー式と比べるとスチームの圧力は弱いです。ただ、家庭用で使うには十分な圧力が得られるとされています。

ポンプ式の長所としては、スチームの準備時間が最短で30秒程度とすごく短いということと、水の継ぎ足しが簡単に行えることが挙げられます。

見た目の違いでは、掃除機に似たキャニスタータイプとハンディータイプの2種類が存在しています。床もスチームで掃除しようという、本格的な使用を考えた場合はキャニスタータイプが使われ、台所のちょっとした油汚れをなんとかしたいという場合にはハンディータイプということになります。

そして、各メーカーが出している様々なタイプのスチームクリーナーですが、その選ぶべきポイントは2つあります。ひとつは本体が軽いことです。使う場所によっては本体を持ち上げての掃除となるため、重いと疲れてしまうからです。

さらにタンクに入る水の容量にも注意したいところです。あまり水を入れすぎると重量が増すからです。長時間作業をしていると腰痛や肩こりの原因になるかもしれないのでここは軽いものを選ぶべきでしょう。

次に、噴射準備時間が短いことです。スチームクリーナーは水を入れてから蒸気を噴射できる段階になるまでに、水を高温にするという準備時間がかかります。これを噴射準備時間、またはヒートタイムと呼び、家庭で使う場合はこのヒートタイムができるだけ短いもののほうが使いやすいです。業務用の大きなスチームクリーナーともなると、このヒートタイムが1時間もかかるものがあるのだとか。

掃除しようと思ってからなるべくすぐに使用できたら便利です。そのためヒートタイムは短めのものを選ぶことがおすすめです。

スチームクリーナーは色々タイプがあるけど・・・

              

スチームクリーナーって、今では色んなタイプがあると聞きます。まだ出始めた頃は、どれも掃除機とあまり変わらない見た目でしたが、今ではその掃除機に似たタイプだけでなく、モップ部分だけのものや、ハンディタイプのものなど、大きさは多種多様とのこと。

でも、実際自分が買うとなると、どれにしようかちょっと迷いますよね。単純に値段の安さで決めるっていうのもありますけど、安いのだと使える範囲が狭かったりするみたいなので。

ちなみに、着目点としてお勧めなのは、連続使用時間みたいです。なんでも、小さいタイプのものだと、その分水を入れられる容量が小さく、連続使用時間が短いため、掃除途中に何度も水を足さないといけないのだとか。

床掃除するとなると、一人暮らしのワンルームでも結構な時間かかりますから、やはり連続使用時間はできるだけ長い方が良いですね。あ、でも収納を考えるとやっぱり小さい方が良いし・・・うーん、やっぱり実際考えてみると決めるの難しいですね。

column
HOMEに戻る